クレジット創出事業

省エネルギーや再生可能エネルギーに関連する技術・製品を有し、且つ、これら技術・製品を活用して途上国でビジネス展開を検討されている企業様向けの支援です。企業様と共に収益性が見込めるビジネスを途上国で構築しながら、途上国の環境問題の緩和に貢献し、更にはこれら技術・製品の普及によって生じる温室効果ガスの削減量を排出権(カーボン・クレジット)として創出しております。なお、企業様のビジネスの検討状況に応じて、様々なソリューションを提供しております。

【二国間クレジット制度に係る政府調査予算・補助金の活用】

現在、二国間クレジット制度(JCM:Joint Crediting Mechanism)をはじめとした各種政府調査予算・補助金を活用した海外展開支援を行っております。これまでアジア・アフリカ地域の様々なJCM締結国において、多岐にわたる業種の企業様向けに支援を行った経験がございます。なお、JCM関連の調査予算・補助金の活用事例は以下の通り。

 

環境省

▶ アジア低炭素社会実現のためのJCM案件形成可能性調査(都市間連携):ベトナム1件

▶ JCM実現可能性調査:モンゴル2件

▶ JCM案件組成調査:モンゴル1件、バングラデシュ1件

▶ JCM設備補助事業:インドネシア(方法論開発支援3件、プロジェクト設計書(PDD)作成・プロジェクト登録申請支援1件、モニタリング支援1件)

▶ 途上国向け低炭素技術イノベーション創出事業:ケニア・タンザニア1件

 

経済産業省/国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)

▶ 地球温暖化対策技術普及等推進事業 JCMプロジェクト実現可能性調査:ベトナム2件、カンボジア1件、エチオピア2件