国内排出量取引制度

日本国内の排出量取引制度について

 

【東京都】

総量削減義務と排出量取引制度(キャップ&トレード制度)

 

大規模事業所(前年度の燃料、熱、電気の使用量が、 原油換算で年間1,500 kL以上の事業所)にCO2排出量の削減義務を課すものです。

 

【埼玉県】

埼玉県目標設定型排出量取引制度

 

大規模事業所(原油換算で1,500 kL以上のエネルギーを3か年度連続して使用する事業所)を対象に、CO2排出量の削減目標を設定し、目標達成状況を評価・公表する制度です。

 

 

弊社取り扱いクレジットについて

✓超過削減量・都内中小クレジット・再エネクレジット・都外クレジット・埼玉連携クレジットといった各クレジットを販売・購入できる体制を整えております。

 

<主なクレジットにおける弊社の特長>

 

ご要望に応じて、クレジットの種類を問わず、

小ロットから大ロットまでクレジットの調達をさせていただいております。

 

 

国内排出量取引についてのご相談、お見積もりはお電話(03-6228-3616)、または、メールでお待ちしております。